子供の寒さでのバイブロシル

Loading...

例外なく、両親は早急に子供の急性呼吸器感染症などの問題に遭遇します。少しだけアレルギー反応の問題に直面するでしょう。両方の病気には風邪などの不快な症状が伴う。

子供は鼻の通路が短くて幅が広いので鼻炎になりがちであり、保護装置はアレルゲン、ウイルス、細菌にはるかに感受性が高い。特に3歳までの小児は、粘液が咽喉を流れ、病気の経過を複雑にするため、治療が困難です。高齢の子供では、一般的な風邪は人生活動に強く影響し、子供は鈍くなり、睡眠を妨げる。

一般的な風邪の治療では、通常、血管収縮性および直接治療の2種類の薬物が使用される。最初のものは、呼吸をかなり促進するものの、鼻水を治しません。彼らは血管の反射狭窄を引き起こし、浮腫を軽減するだけです。また、粘液の産生を減らすものもあります。

治療ドロップは、通常、ウイルスまたは細菌であるが、顕著な血管収縮作用を示さない。幼児の治療のために、滴剤およびバイブルシルのスプレーは、すべての調製において最高であることが判明している。彼らは非常に優しく浮腫と分泌物(粘液分泌物)を除去し、子供に理想的です。

なぜVibrocilは子供に使用されていますか?

この薬物は、抗アレルギー作用が顕著な血管収縮剤である。それは非常に軽度の効果があり、気道の粘膜を過度に冒さないので、出生以来子供に許可されています。

液滴とスプレー以下の疾患の治療にバイブロシルが推奨されます。

  1. アレルギー性鼻炎。この薬剤の組成は、抗ヒスタミン薬であり、軽度の抗アレルギー効果を有する成分のジメタインデンを含む。
  2. ARIに起因する鼻粘膜の浮腫。 Vibrocilの一部であるフェニレフリンは、安全な投与量で血管収縮作用を有し、鼻呼吸を促進する。
  3. 季節性鼻炎。抗アレルギー作用と血管収縮作用の組み合わせは、季節性アレルギー性鼻炎の症状をすべて排除する。
  4. 急性中耳炎および副鼻腔炎の治療における補助剤。粘液の流出を改善し、合併症を防ぐ。
  5. 改善された鼻呼吸。他の薬剤が治療成分を細菌病巣に良好に伝達することを可能にする。

子供の鼻炎は、効果的かつ穏やかな影響であることが示されているとVibrocil、彼はほとんどない禁忌を持っているとさえ新生児を開始することができます。

麻薬の鼻炎治療の仕組み

Vibrocil - 粘膜と増加slizeotdeleniemの浮腫を伴う感染症の数の治療に生まれてから使用昇圧剤の特別な種類。

dimethindeneおよびフェニレフリン - 構造相互作用に良好な結果を示している有効成分の2滴からなります。

ジメタインデンはヒスタミン受容体の遮断薬、すなわち抗アレルギー成分である。これは、アレルギー性および粘膜の他の浮腫の治療において非常に有効である。

フェニレフリンは、交感神経興奮で、すなわち刺激α-アドレナリン受容体、今度は、血管の収縮を引き起こす、と粘液の流れを改善します。

Vibrocilは、上気道受容体の粘膜に局所的に作用ドロップス。最大の行動は5〜10分以内に達成され、少なくとも2時間続く。

使用方法

小児の鼻炎のバイブロシルは、ドロップ、スプレー、鼻のゲルの3つの形態で使用されています。

落下は3歳までの使用のために処方されています。推奨用量:

  • 新生児と幼児の年までビブロジルドリップ1日3回~4回(各ドリップは授乳直前)
  • 滴下6年未満の子供は1日2〜3回、1-2回は落とす。
  • 6歳以上の子供と成人 - 1日4〜5回、3-4滴。

6歳で推奨される場合は、スプレーの形でバイロクロルを使用してください。投与量は以下の通りである:

  • 3歳以上の小児では、1日に2〜3回、各鼻腔に1回注射する。
  • 6歳から12歳の小児では、1回の注射で1日に3〜4回、
  • 12歳以上の子供は1日2〜3回2-3回注射されます。

鼻用ゲル バイブロシルは、6歳から綿棒で鼻に寝かせたり、できるだけ深く洞に近づけて鼻粘膜に直接塗布して使用されています。 1日2〜3回服用してください。

一般的な治療法は7〜12日間です。

小児におけるバイブロシルの使用に対する禁忌

薬物は、その成分であるジメチンデンおよびフェニレフリンに対する感受性が高まる子供に使用することを禁じられている。したがってVibrocilはモノアミンオキシダーゼ(MAO)、特定の抗うつ薬および特定のホルモン療法の薬物阻害剤の適用中に使用されません。

どのように薬の効果を向上させる

大幅に任意の原因の鼻炎の治療の子供たちのための効率Vibrocilを高めるために、あなたはそれを正しく使用する必要があります。

  1. 使用前に、鼻腔を準備する必要があります。優れた洗浄、注ぎ口の子ブライン室温を適用する前に15分。生理食塩水などHumerなどの特殊滴の両方に適した、この目的のため。幼児や新生児は、洗浄後の小さなゴムsopleotsosa又は梨によってノズルをきれいにする必要があります。
  2. 子供や新生児に供給する前に、すぐに点滴されなければならない落ちます。新生児では、より頻繁に一日三回と週以上の薬剤を使用することが推奨されていません。
  3. 鼻を適切に埋める。子供は戻って彼の頭を投げ、枕なしで彼の背中の上にあるべきです。ピペットを押す次に、鼻孔に挿入されます。右の鼻孔の点眼後に彼の頭を投げ返すと、右に回すことが必要です。左 - 左を埋め戻したとき。各鼻孔の後、この位置に2〜3分間寝る必要があります。
  4. スプレーを使用するときは、垂直にして、ボトルを垂直にスプレーで保持する必要があります。注射の前に、吐き出すこと、および注射の間に、薬物の投与と同時に鼻を鋭く息を吸う。ボトルを水平に保つと、薬はスプレーで注ぎ込まれ、吐き出し口を立てて立っているときには、大きな液滴またはスプレーで注入されます。
  5. ゲルは、できるだけ深く鼻の粘膜に塗布することによって、夜間に最もよく使用されます。そのような使用は一晩中無料で呼吸を確保します。

Vibrocilを使用して医師と相談した後でのみ、子供を治療してください。

著者:SukhorukovアナスタシアAndreevna、小児科医

子供の吐息をきれいにする方法

読むことをお勧めします:就学前児童のジェンダー教育 - これはなぜ重要なのですか?

Загрузка...

Assista ao vídeo: ? Beba isto para eliminar o catarro, gripe e congestão nasal em 24 horas - MELHOR QUE XAROPE !!! (1月 2020).

Loading...